しろプリ スマホからオーダーできるオリジナルグッズ作成
しろプリ 
スマホアプリからオーダ

小ロットオリジナルグッズ
作成  
    友だち追加

 

HOME > クリアファイル > クリアファイル作成

白版について

 イラストレーター
フォトショップでの
白版データーの作り方

 


白版とは

 人の眼は、色を光の反射で見ています。クリアファイルは透明素材の為、光を透過していしまいますので、通常印刷ですと、インクが透過して反射率が低くなり、色が見え辛くなります。
そこで、反射率の高い白インクを絵柄の下に印刷して見えやすくする必要があります。
当店では、オンデマンドプリンターで印刷しているため「刷版」は使用していませんがここでは便宜上「白版」と呼びます。

一般的な クリアファイル

 
 

 

オフセット印刷

  
一般的なクリアファイル印刷では、反射率を高くするため、通常印刷を1回、白インクを2回印刷しています,しかも4+白2回、6色の版を通しているので版ズレが発生します。


他店のオリジナル クリアファイル
 

オンデマンド印刷

  

他店のクリアファイルでは、透明フィルムの上にトナーを載せているため、光を透過してしまい反射光が少なくなり、色が薄くなり色材の凹凸で光を乱反射してしまいます。また白フイルムの上に印刷すると、中の書類が全く見えません。 


当店のオリジナル クリアファイル

当社印刷

 

当店のクリアファイルは、透明フィルムの裏から印刷しているので表面が鏡面光沢処理されたフィルムで反射率が高く、画像が鮮明に見えます。しかも、通常印刷と白トナー印刷を1回で印刷している為、版ズレが発生せず、しかも白トナーはオフセットインキに比べ隠蔽性が高く一度刷りでも鮮やかに印刷することができます。


イラストレーターによる白版データーの作り方

 

クリアファイルに印刷する際必須の白版。
イラストレーターで特色設定を利用してデーター作成ができます。
 

1、特色スウォッチの作成

まずはイラストレーターで白版データ作成の準備をします。
簡単操作で5色印刷が可能になります!

⑴メニューバーの [ウインドウ ]メニューから [スウォッチ ]を出します。
⑵スウォッチウィンドウの右肩メニューで[新規スウォッチ]を呼び出し。

⑶名前を「White」に変更します。必ず半角英数で、頭文字は大文字に。
 ⑷カラータイプを「特色」にします。好きなカラーモードと色を割り当てます。
ここでは CMYK で C60%にしてみました。
⑸これで特色「White」の完成です
 

2、新規レイヤー作成

まず、同一ファイル内に、新規レイヤーを一番上のレイヤーに作成します。名前は「白版」とします。

 

3,レイヤーのコピー

レイヤーの白版を適用したい部分をコピーし白版レイヤーに移動させます。
メニューの「編集」→「同じ位置にペースト」後、「白版」レイヤーに移動させます。
白版のレイヤーに入っているオブジェクトをすべて選択し、そのオブジェクトの塗りを、先ほど作った特色 White にします。

通常のデザインデータを作成します。CMYKでもRGBワークフローでもOK。今回はイラストのパンダの背面に白を引きます


 
特色Whiteを引いたら次の図のようになります。

白をひきたいオブジェクトをコピーペーストして前面に配置。ペーストしたデーターを白版レイヤーに移動させます。塗りを先ほど作った特色Whiteにします。


 

4、白版レイヤーのオーバープリント

カラー版がノックアウト(白版と抜き合わせ)されてしまわない様に、白版レイヤーをオーバープリント設定をします。

 
白版のレイヤー内にあるオブジェクトを全て選択する。ウィンドウメニューから[属性]を呼び出します。 [塗りにオーバープリント]のチェックをONにしてから、次に[透明]を呼び出し、[通常]から[乗算]にすれば白版の下のオブジェクトが透けて見えるようになります。
以上で白版は完成です、保存をかけてください。

 

POINT 下地のホワイトは少しワイドに

下地にホワイトをひく場合、上の案内の様に対象となるオブジェクトをコピーして使用するわけですが、その際に少しだけホワイト側のオブジェクトを大きくするのがミソ。
余程クライアントからの要望が無い限りはパスのオフセットで 0.5mm 程度ワイドにしておきましょう。あまりワイドにし過ぎると白フチで巻いた様になってしまいますが、これをしないと逆にエッジが目立ってしまったり、デザインを崩してしまう場合が有ります。

 

完成例(竹はフォトショップ上で白版を作成し配置しています)

 


フォトショップによる白版データーの作り方

 フォトショップでも、イラストレーターと同じように特色設定を利用すれば簡単に白版設定ができます。 
※今回の説明で使用するイラストは分かれていませんが、フォトショップでイラストを描画するときに、『白版を付けるイラスト』と『白版を付けないイラスト』でレイヤーを分けて描画しておくと白版の作成がしやすくなります。
 

1、クイック選択ツール(白版部分の選択)

白版を適用したいレイヤーで、ツールパレットの「クイック選択ツール」で画像を選択します、もしくはペンツールでオブジェクトに沿って切り抜き用のパスを作成してください。パスを選択範囲に変更します。今回はパンダのみ白版を作成します。(竹は白版なしで透けるデザインになります)

 

2,境界線を調整

CS6以上ですと簡単に選択範囲ができますので、「境界線を調整」ツールでエッジを調整します。
出力先は新規レイヤー(レイヤーマスクあり)で出力します。

 

3,レイヤーマスクサムネール

レイヤーマスクサムネールを選択し、
「属性」の「マスクの境界線」を選択します。再度、調整が終わったら『出力先』を「選択範囲」にして『OK』をクリックします。

 

4、白版用の新規スポットカラーチャンネル

チャンネルパレットを呼び出し、新規スポットカラーチャンネルで名前を「White」に変更します。 必ず半角英数で、頭文字は大文字に。カラータイプを「特色」にします。好きなカラーモードと色を割り当てます。ここでは CMYK で C60%・不透明度―50%にしてみました。これで特色「White」のスポットカラーチャンネルが完成しました。

 

5、PSDファイルで保存する

完成したファイルは、保存形式を「PSD」に設定して下さい。これで、パンダのイラスト部分に白版が適用され,竹は透過した画像が作成されます。
また、イラストレーターに配置しても白版レイヤーが適用されます。
 

完成例(竹は透過した画像になっています)


イラストレーターテンプレート

ダウンロード→LinkIconA4clearfileCS6RGB.zip
ダウンロード→LinkIconA5クリアファイル_テンプレートCS6.ai

 
フォトショップテンプレート


 
 ダウンロード→ LinkIconA4clearfilePSRGB.zip
ダウンロード→ LinkIconA5クリアファイル_テンプレート.PSD

1. A4サイズ写真クリアファイル

 

 5枚~9枚セット

@400円  / 1枚

10枚~19枚セット

@300円  / 1枚

20枚~

@200円  / 1枚

 

2.  A5サイズ写真クリアファイル

 

5枚~9枚セット 

@300  / 1枚

10枚~19枚セット

@200  / 1枚

20枚~

@190  / 1枚